家具と会社|オフィス家具によって得られる恩恵

社内風景

机の選び方

オフィス

事務机は、オフィス家具の中でもオフィスチェアと同じくらい重要な要素を占めます。机のサイズや形により仕事の効率は大きく変化し、また、業務内容によっても事務机は変化します。例えば、営業で主に外回りをするチームの場合は、オフィスワークのチームと比較してもあまり机を使用する傾向がなく、パソコンと書類を広げればそれで十分というケースは多いです。そうなった場合、事務机が多機能でも宝の持ち腐れになることは多く、あまり恩恵を得ることはできません。逆に、オフィスワークの場合、様々な書類やパソコンを主に扱うことが多いため、機能性は若干大きめのものが推奨されます。特にクリエイティブな職場の場合、更にデュアルモニターやペンタブといったものが必要になることもあり、営業と同じ机では不便に感じることもあります。
このように、どんな業務が主要なのかによって机の重要性は大きく変わります。よって、適当に全部同じものにするのではなく、部署の人数を把握し、どんな仕事を行っているかをきちんと知っておけば、ある程度はコストの削減を狙うことが可能です。チームで仕事を行うのであれば、複数人分のデスクが一体化したチームデスクも事務机としては活用できますが、こちらの場合は分割ができないため、チームの移動が多い職場ではあまり向いていないかもしれません。また、連結可能な事務机もあるので、若干割高になりますがそちらを利用したほうが汎用性は高いです。